<オルニチンの豆知識いろいろ>

オルニチン効果と人気ランキング TOP

このサイトについて

しじみに多く含まれる今話題の栄養素「オルニチン」は、肝機能の改善や疲労回復効果等で良く知られています。実は、オルニチンにはそれ以外にも様々な効果があります。成長ホルモンの分泌を促進する作用があるので、ダイエット効果や美肌効果なども期待できます。オルニチンは食品からの摂取のみではどうしても不足しがちです。そんな時に便利なのが、オルニチンを濃縮配合したサプリメントです。オルニチンサプリメントを摂取して、毎日続けることで健康的で生き生きとした毎日を手に入れませんか?

協和発酵バイオ オルニチン

協和発酵バイオ オルニチン 協和発酵バイオの『オルニチン』は、ひと粒にシジミ約300個分に匹敵するオルニチンを含んでいます。 1日に6粒を目安に摂取することで、800ミリグラムのオルニチンを補給することができます。 また、協和発酵バイオ『オルニチン』は、栄養価が非常に高く身体に良いとされる発酵食品によって作られています。詳細と評判

しじみ習慣

しじみ習慣 しじみ習慣は、栄養豊富なしじみ汁1杯分のエキスを凝縮した、自然食品のカプセルです。しじみ習慣に使われているのは、台湾の自然豊かな土地に生息する黄金しじみです。取れたての黄金しじみから抽出したエキスを乾燥させ、オリーブオイルとサフラワー油を配合、ソフトカプセルに詰めました。 しじみ習慣はサプリメントとは違った、「食品そのもの」です。日本人はもともと昔ながらの知恵で健康を保っていました。その古来の生き方を、忙しい現代人の生活に取り入れられるような形に変化させたものです。詳細と評判

DHCオルニチンサプリメント

dhcオルニチン DHCオルニチンは、化粧品やサプリメント販売で有名なDHCのオルニチンサプリメントです。1日の所要量4粒あたり、しじみ約1800個分のL-オルニチン塩酸塩を配合しています。 オルニチンは成長ホルモンの分泌に深くかかわる栄養素で、アミノ酸の一種です。しじみに豊富に含まれる成分として知られていますが、食事からとれる量はほんのわずかしかありません。オルニチンの効果を実感したい方には、サプリメントでの摂取がお勧めです。詳細と評判

基礎知識

オルニチンはどんな栄養素

『しじみ○個分のオルニチン配合!』 最近、インスタントのお味噌汁やスープのパッケージに、こんな宣伝文句が書かれているのを皆さんは見たことがありませんか? パッケージの裏には、二日酔いや慢性疲労の回復など、オルニチンによってもたらされる様々な効果も書いてあって、ついついコンビニなどでお弁当のお供に購入してしまった、などというひとも多いのではないでしょうか。 では、そもそもこのオルニチンとは何なのでしょうか? オルニチンは肝臓の働きを助けるアミノ酸です。オルニチンとは?

オルニチンの効果

肝臓は体内ではもっとも大きな臓器です。肝臓を指してよく『沈黙の臓器』と呼ばれますが、その通り名のとおり、実に静かに着々と働き続けます。そのこなす仕事数は500種類以上あるといわれています。 数多い仕事の中でも、メインとなるのが『代謝』・エネルギーの『貯蔵』・『解毒』・胆汁の『生成』の4つとされています。オルニチンの効果について

オルニチンの副作用

現在、オルニチンを利用した様々な食品の開発が行われています。 肝臓の働きを良くし、疲労回復や二日酔いに効果的であるといわれるオルニチン。 インスタントのお味噌汁やスープ類をはじめ、ビールやジュース、ヨーグルトにまで利用され、中には大ヒットとなっている商品もあります。 しかし、このオルニチンとは、一体どういうものなのでしょうか? 食品として安全なものなのでしょうか?

オルニチンの摂取量

オルニチンは、もともと体内に存在するアミノ酸の一種です。 これは、食品からも摂取することができますが、微量であるため1日に必要な摂取量にはなかなか届かないのが現実です。 では、1日に必要なオルニチンの摂取量とはどれくらいなのでしょうか?必要な摂取量

多く含む食品

疲労回復や二日酔いなどに効果が高いとされるオルニチン。 その効果を見込んで、現在ではオルニチンを利用した商品が本当に多く巷に溢れています。 中にはヒット商品も生まれ、私たちの日常生活にオルニチンは非常に身近なものとなっています。多く含む食品は?